【傾き肩にバイバイ】荷物多め派の方へ美姿勢リュックができること

 

お疲れ様です。ハイジです。

私は「荷物少なめ派」です。

時々外出でノートPCを持っていったりするだけで、肩がヒーヒー悲鳴をあげます。

しかし、世には「荷物多め派」もいらっしゃいます。

駅でパンパンなトートバッグを担ぎ、颯爽と歩いているビジネスマンを見ると「鉄壁の肩だ…すごい…」と本気で思ってしまいます笑

本日は「荷物多め派」の方へ、美姿勢リュックがお手伝いできることを書いてみました。

 

 


荷物抜き打ちチェックしました


ということで、早速。

ターゲットロックオン。

 

 

————————————————————-
今回のターゲット:小芝さん
————————————————————-

スポーツに特化したコーチ派遣&イベントアプリ「セレクトコーチ」のアドバイザー。有名選手とのイベントなどを企画しています。24歳(たしか)。

(元サッカー日本代表の川口選手のジュニア向けセミナーを開催)

>>セレクトコーチ紹介サイト<<

 

専門学校で映像を学ぶも、銀座フィットネスジムのトレーナーとして就職。ドクターストレッチで経験を積み、セレクトコーチの運営立ち上げメンバーに抜擢。現ドクターストレッチ・育成トレーナーの中村氏とのコンビとして、メディアなどの撮影に多数出演。

(ロックバンド・ミオヤマザキ企画のtwitterドラマ「嘘まで愛して」にも出演)

 

(メディアが入るイベントブースにも参加)

 

あだ名は「わがままボディ」。由来は以下。

 

(趣味は筋トレ)

 

 

小芝「え!僕すか!?」

ハイジ「いつも荷物パンパンなので選びました!」

 

 

 

写真からは伝わりにくいですが、、このバッグからの「圧」が半端ない。。。

ぎゅうぎゅうに詰まっています。。。

試しにオフィスにいる女性陣に持ってもらうと…

 

人事・河崎「やばーーーーー!これ何入ってるん!?」

 

デザイナー・並木「あああああ!!毎日これ持ってるんですか!?」

 

小芝「5キロぐらいあるかも。でも慣れちゃいました。」

ハイジ「よく肩平気だね。ちょっと普段通りに担いでみてください。」

 

 

小芝「はい。」

ハイジ「・・・」

 

 

「メチャめり込んでるやん!!!」

 

 

 

小芝「普段鍛えていても、傾きあるんですねーー(^^;)」

 

 

 


禁断の中身チェック


 

小芝「ヤバいの入ってないかなーー;」

ハイジ「どれどれ…」

 

ハイジ「セレコTシャツ。これ着てイベントに出てるよね。」

※セレコ=セレクトコーチの略

 

ハイジ「おーー!今年の会社からの誕生日プレゼントのタンブラー!ちゃんと使ってるね!!」

 

ハイジ「嘘愛(※twitterドラマ・嘘まで愛して)ステッカーやん。なぜ一枚だけ。

 

ハイジ「はい。」

 

ハイジ「三脚が入ってる!いつもこれでインスタの写真撮っているんだねー!」

 

(こんなのとか)

 

(こんなのとか)

 

(こんなのを。裏側を知ってしまった気分。)

 

 

結果、かばんの中身は仕事関係のものと着替えがメインでした。

 

小芝「ジム行ったり、外出先で汗かいたときに、すぐ着替えられるようにしています。

ハイジ「なるほど。小芝氏の清潔感はこういう細やかさからきてるんだね。」

 

 


美姿勢リュックができること


ということで、肩に紐が食い込むほどの大荷物が入ったバッグ。

これが肩掛けでなく「美姿勢リュック」だったらどうでしょうか?

 

(もし美姿勢リュックだったら。こんな感じ。)

 

 

(お馴染み?この画像)

 

ドクターストレッチの独自技術「コアバランスストレッチ」を組み込んだベルト機能。

①背面のベルト
②サイドのベルト

2つのベルトを調整することで、姿勢を正しいポジションに整えます。

 

 

そしてここからが「荷物多め派」の皆さんにできるお手伝いです。

 

このベルト機能の仕組みがあることでもう一つメリットがあります。それは

「背中全体に圧を分散する」こと。

 

もし荷物が多くなってしまっても、

どこか一箇所だけ重い

↓↓↓↓↓

その部分から不快になる(TT)

ということを、美姿勢リュックなら回避することができます。

 

(背負った感覚は、コリフレッシュ南大沢店店長・落合さんもお墨付き♡)

 

美姿勢リュックのベルト機能は「コアバランスストレッチ」の生みの親、山口元紀さんに監修していただきました。

 

(トレーナーとして、アメリカに渡りメジャーリーガーやプロスポーツ選手のボディメンテナンスを担当しているすんごい方です。)

 

(商品化するにあたり、使いやすさと機能性が向上するようなアドバイスを沢山頂きました。)

 

 


企画時のこぼれ話


この美姿勢リュックという企画は、短パン社長による「フュービックSNSリーダーズ研修in奄美大島」のグループワークで生まれました。

そして、企画MTGを始める前に奥ノ谷社長から、「自分たちの周りの人が喜ぶアイデアを考えてみて下さい」という言葉を皆にかけて下さいました。(ニュアンス違っていたら申し訳ありません><)

 

ドクターストレッチ、商品企画、アグリフード、などなど多種多様のメンバーがあつまった某チーム。話し合いが始まり「猫背矯正リュック(美姿勢リュックの原型)」の案が挙がり、「一般の方も絶対欲しいはず!」と盛り上がりました。しかしこの後、さらにこんなトークへと続きました。

 

「絶対お店の皆もリュック好きだと思う!」

「毎日めっちゃ荷物あるからしんどいよね」

「わかる!リュックだったら私も欲しい!」

「だったらリュックのタグにフュービックって入れたいね!」

「良い!その一体感ー!」

 

この時、鮮明にお店のスタッフさんが楽しそうにリュックを背負っている様子が浮かびました。

 

 

その商品は

【誰】のために存在するのか?

【誰】にどうやって【喜んでもらう】のか?

 

この体験を通して、私自身も商品開発や新規プロジェクトに携わらせて頂く中で意識するポイントが変わりました。

どうしても企画が進行しだすとブレてしまいがちな軸に気付かせてもらえたこの研修に感謝しています。

 

 

偶然にも一緒の研修で同じ2泊3日を過ごした皆で考えた企画。

★自分たちの技術が組み込まれている

★より多くの人の健康習慣をサポートできる

★身近な人たちも喜んでもらえる(ハズ!)

…そんな私たちの想いが詰まった「美姿勢リュック」です。

 

全国の「荷物多め派」の皆さん、一度試してみて下さい(^^)

 

【11月5日で予約受付終了】

Keisukeokunoya×FUBIC

「美姿勢リュック」

>>購入ページはこちら<<

※数量に達し次第終了m(__)m