実録!男性のFacebookタイムラインを覗き見!

 

お疲れ様です。ハイジです。

日頃、広告を出している私たちにとって、ターゲット(誰に届けるのか?)は重要事項です。

 

しかし、先日のブログで振り返ったように

「リアルに相手のことを知っているのだろうか?」という疑問。

 

 

 

弊社ホテルTHE SCENEの広告を出すとき。

 

私たちは思うわけです。

 

是非、男性の皆様に「ここ良くね!?」と思って、広告をクリックしてもらいたいと。

 

しかし、これはあくまで私たちの視点であって。

 

実際にはFacebookにどんな広告が出ていて、どんな戦場で私たちの広告は戦っているのか?

 

リアルがわからないわけです。

 

 

 

 

ということで、

 

直接見せてもらおう!と思い立ち

 

社内の男性の皆様に協力頂きましたm(__)m

 

 

 

これがリアルな男性のタイムラインだ!!

対象:弊社20代~40代の男性陣

※()内の表記は内輪でお楽しみください笑。

 


40代…車/健康/お金/知識教養/時々ネタ


▼Kさん(趣味:アンチエイジング/ダイエット)

▼Dさん(特徴:三ヶ月に一度、ファッション総入れ替え)

▼Tさん(いたずら大好き)

▼Hさん(”教える”スペシャリスト)

まとめ)商品そのものよりも、「情報」「仕組み」が多いと感じました。

 

 


30代…ブランド/買い物/趣味/時々ビジネス


▼Tさん(音楽とスポーツとパクチーと)

 

▼紅さん(プライベートとビジネスがバランスよく)

▼Kさん(最近スーツが必要になったのでしょうか…)

 

まとめ)箔が付くものや、興味関心が色濃く反映されているように思います。

 

 


20代…買い物/転職/アプリ/時々女の子


▼Aさん(女の子大好き)

▼Kさん(テニスと女の子大好き)

▼Oさん(新卒/彼女一筋)

 

まとめ)生活の中で手が届くもの、気軽に取り入れられそうなものが多いイメージです。

 

 

 

 


まとめてみて、気づいたこと


1)広告は広告だと認知されていない

「普段、広告を押しますか?」という質問に対して「ほぼ押さないねー」という回答が9割。

しかし、スクリーンショットのをお願いすると「広告ってどれ?」となります。

つまり、普段のタイムラインに流れている情報を広告と捉えていないのです。

(出会い系等、あからさまなものはわかるそうですが)

 

2)興味・関心のあるものは押す

・新しいダイエット方法
・ライブの情報
・最近探していたスーツの情報

などなど。その人によって関心が高いものはクリックする。

全部を押さないというわけではないのです。

 

3)よりストレートに伝えることが必要

ということは、【これ、俺が知りたいことだ!】と認知させることが大事。

回りくどく深読みさせるよりも、時にはベタに、ストレートに出す方が効果があるのではないだろうか。

考えさせるな、目に飛び込ませよう。

 

4)自分たちの広告、目立ってる??

これは皆さんのタイムラインを見て感じたこと。

「自分たちの広告が背景になっている(TT)」ということです。

目立てているか?目に飛び込んでくるようなデザインになっているか?

ということを振り返るきっかけになりました。

 

 

 

以上。

【相手が必要と思う情報をちゃんと届ける】ということを考えさせられた時間でした。

全員が押さなくてもよい。

自分たちのサービスを必要としている人が確実に広告を発見して、押したくなる内容を表現していくことにドンドン注力していきたいです。

ありがとうございました!!