現場を見よう。予想した導線が全然違ってた件。

 

お疲れ様です。ハイジです。

 

先週の日曜にヨガイベントに参加してきました。

某ホットヨガスタジオの会員になって約一年。

意気揚々とこんな記事【私がヨガスタジオに入会した時のキモチ】を書きましたが、ここ半年は幽霊会員になっていました。。。

 
久しぶりにヨガをしてみて、終わったあとの解放感・幸福感に感動しました。

なんでこんな良いものを半年も(笑)やらなかったんだろうと。

ヨガ活、再開します。

 
イベントには多くの方が参加されていたのですが、

その中の一人の方とお話をした際、参加までの経緯を聞き驚きました。

今日は、その経緯を聞いての気づきをまとめます。

 

 

 


参加するまでの経緯


 

①Instagramで講師の投稿を発見する

すんごいポーズが流れてきて驚かれたようです

※写真はイベントで講師のされた方のものです。

確かにすごい、、、そして綺麗!!!

 

 

②フォロワーになる

 

 

③投稿を通して憧れを抱く

講師の方の投稿を通して、同じブランドを好んでいたり、海外でヨガをする写真を見ることで

人となりが分かり憧れ親近感を抱かれたそうです。

 


④イベントの告知を見る

講師の方の投稿から。

⑤参加表明

講師の方へ直接DMを送りやり取りをされたそうです。
この方は関東の上の方からはるばる、普段乗らない電車を乗り継いで、東京都北区までいらしたようです。
おわかりかとは思いますが、

お客様が取られた一連の行動の流れには一切、このイベントを運営するブランド名は出てきません。

 

 

普段私は、広告からのLPを仕掛ける・作る側なので、「広告から知ってもらう」という先入観がありましたが、現場はとても私の想像からかけ離れていました。

 

それと同時に、行動力や楽しそうな姿を見て「素敵な方だなあ!」と思いました。

 

 

以下気付きです。

 

 

 


お客様は何を信用するのか?


「人」。もとい「リアル」というのでしょうか。。。

 

その方とお話していて良く挙がっていた言葉が「一度会ってみたかった」「どんな人なんだろう」
イベントで何をするのかよりも、講師の方個人に対しての興味がとても強く、ワクワクして話されていました。

 

 

先日、上司のヒロミ姐さんにシェアして頂いたページ.

【COTABI】

“人から検索する”というキーワードが書かれているのですが、まさにそんな時代になっているんだなと。
どれだけ憧れる、自分と重ねられるものになれるかどうか。
(それが結果、ブランドや商品の不安排除や欲しいに繋がればよいだけなのです。)

 

 

 


行きたいと思えば、行動できる!


 

決めたターゲットに対してどれだけワクワクしてもらえているのか。
私たちの発信はむやみやたらになっていないか?
その人にとっての【有益な情報】になっているか?を改めて考えさせられました。
これはSNSだけでなく、LPや販促物にも同じことが言えます。

 

そして一度、気持ちが盛り上がったら、たとえ送るのに多少は勇気がいるDMも送信できちゃうのです。
頭じゃなく、感情に訴えるものを届けられる人になりたいです。

 

 

 


あれ?これって短パン社長さんセミナーの話?


 

参加者の方とお話をしていて、一番に思い出したのは【短パン社長@奥ノ谷社長のSNS研修】でした。

先日弊社(株式会社フュービック)にてセミナーをして頂きました。

 
これからは、個の発信から集客につながる。

●●さんに、会いにいく。

 
ってこういうことなのか!と。

 

 

リアルなところでお客様の感情・行動に触れて、よりそれを感じました。

 
【ブランド】の●●さんではなく、

●●さんのいる【ブランド】になる!

 

 

SNSではお客様との【関係性】を築き、広告ではそれを倍増できるような相互関係をつくれるように様々な視点で企画やアクションをしてみます!

 

改めて、奥ノ谷社長ありがとうございました!(^^)

 

 

 

何事も継続。

これからも勉強したことや気づきをアウトプットしていきます!

 

またヨガイベントにも参加してみよう~~~
★セレクトコーチ Xmasキャンドルヨガイベント★