その日本語あってる? 文章校正サイトを使って自分の思い込みを捨てよう!

 

疑うべきは自分自身。

 

 

 

お疲れ様です。

 

 

みなさんはご自身の「文章力」について

考えたことはありますか?

 

 

例えば、

 

”が” と ”は” の使い分けを

外国人に明確に教えることはできますか?

 

 

私はというと、

正直、

フィーリングで使っている部分もあります。。。

 

 

 

文章の書き方1つで

 

時に、伝えたいことと異なった伝わり方になってしまいます。

 

時に、会社のレベルを左右してしまいます。

 

 

ものを伝えていく役割の人には

文章力を上げていくことは必要不可欠です。

 

 

 

そこで今回は

文章力を上げる【土台】として、

自分の現状を知りたいと思います。

 

 

このブログでアップした記事を

3つの校正サイトを使ってチェックしてみました。

 

▼今回チェックする記事

「facebook広告は計画性!1ヶ月分のデザイン集めました。」

https://creative.fubic.com/author/heidy/page/9/

 

 


1)Enno


URL: https://enno.jp/

「確認」という言葉をもっと具体的にする必要あり。

 

 


2)日本語校正サポート


URL: http://www.kiji-check.com/

固有名詞の表記間違い「facebook」→「Facebook」や

一カ月などの基本的な間違いも見つかりました。

 

 


3)マイクロソフト WORD


wordの「文章校正」という機能です。

「ら」抜きことば、「い」抜きことばなどの

”話ことば”に近い表現が見つかりました。

 

 

 

 

 

ということで、

 

結果は、お恥ずかしい限りですm(__)m

 

 

 

しかし、

この「恥ずかしい」という思いから

以下のことを気づくことができました。

 

 

 


自分自身のレベルを知ろう


 

★自分の”当たり前”を信じすぎないこと。

★染みついたものはすぐに変えられないけど、

外部要素を駆使していけば、必ず質を上げていけること。

★書いて直すサイクルをたくさんこなすこと(ギャップを出しまくる)

 

 

1年後にこのブログを見返した時、

 

「昔の記事を見るのが、恥ずかしくてしょうがない!///」

 

となるくらい、

ゴリゴリ文章を書いて力を付けていきます(^^)

 

 

ありがとうございました。