【絵を形にする機能】abodeノートを買ってみた。

こんにちは。稲見です

先日、ふとノートを買いたいと思い探していると、こんなのを見つけました。

12
(画像クリックでURL)

このノートブックに書いたスケッチやイラストを、モレスキンが開発した専用アプリ「Moleskine Creative Cloud connected (※iPhoneのみ/英語版)」で取り込むと、jpgやsvg画像でデータが保存。保存したデータは、Adobe Creative Cloudを通じてPhotoshopやIllustratorで編集が可能。とのこと

 

 

「百聞は一見にしかず」

 

とりあえず実際に買ってみました。

最大のミス

1

真っ黒な表面にうっすらと入ったAdobeロゴ

「かっこいい…」

早速開いて、鉛筆を持ちました。

4

ここで最大のミスを犯したことに気がつきました。。

 

「俺、絵

描けなかったんだ」

 

完全に忘れていました。。

 

でもせっかく買ったし、とりあえず描いてみよう…

5

 

ドラえもん

 

これが僕の限界です。。

 

でも今回の目的はこれじゃない!

 

早速アプリをダウンロードしてみました。

 

6

 

アプリを起動して

写真を起動

 

7

 

僕のドラえもんがロックオンされました。

どうやらノート四隅にある四角が画像の位置を計算するみたいです。

SVGボタンを押したら、creative cloudに共有

8

creative cloudに開いたら

9

イラレで開くだけ

 

10

 

できた!!

 

下手くそか!!

 

まとめ

メリット
・作ったものをすぐadobeソフトで編集できる
・プリンターなどを使わなくてもできる
デメリット
・ノートの値段が高い
・絵が下手くそは致命的

僕としては、これを機に絵がうまくなりたいと思いました。

あと子供がこのノートを持っていたら、写メ撮ってパソコンでいじってみたい!

なんて思うかもしれません。

ふと思ったら時、絵でかけるように頑張ります!