【facebook用語】関連度スコアってなに?

最近、効果をめきめきと伸ばしてきた、facebook広告。

私も運用しはじめてもうすぐ一年になります。

いろんなサービスのアカウントを運営していていつも疑問に感じていた用語がありました。

それが、「関連度スコア」。

 

 

関連度スコアってきっと、リスティングでいう

「品質スコア」と似ているのだと思うのですが、

いったいどういう基準でランクが決まっていて、

ランクが高いとどんなメリットがあるのか?

分かっていませんでした。

 

調べてみるといろんなことが分かってきましたので共有させていただきます!

 

1.関連度スコアとは

スコアは1~10の数字で表されます。

これは、広告にのみあらわされます。

キャンペーンや広告セットにはつきません。

広告を出しているターゲットに対して、

10は広告の関連度が非常に高く、1は広告の関連度が低いということを示します。

広告が約500インプレッションを獲得すると、このスコアを確認できるようになります。

 

 

2.関連度スコアが高いとどんないいことがあるのか?

広告のスコアが高ければ高いほど、

ターゲットに対して表示される可能性が他の広告よりも高くなります。

また、少ない費用でより多くのターゲットにリーチできます。

 

 

3.関連度スコアはどうやって決められているのか?

関連度スコアは、

広告を見た人からの肯定的なフィードバックが多いと

関連度が高くなります。

肯定的なフィードバックとは、リンクのクリックやアプリのインストール、動画の再生、いいね!などのことを表すそうです。

そして、

否定的なフィードバックなどが多いと、関連度スコアが低くなるそうです。

否定的なフィードバックとは、広告を非表示にする、否定的なコメント内容、などだそうです。

 

この部分を細かくfacebookがアルゴリズム化しているんですね。驚きです。

つまり、より

ユーザーが見たい!と思ってもらえる、広告&コンテンツであればより安く、

見てほしいターゲットに配信できるということ。

今まで、クリック単価やクリック率などに目がいきがちでしたが、

数字では表わせられないお客様のことを第一に考えて広告を配信していきます。