【分かった気になっているかも?】LP制作の8つの鉄則

最近ランディングページを作る機会が増え、コンバージョンが出るLPと出ないLPが顕著に現れてきました。
これはなぜなのか?
キャンペーン内容やサービスによる差もありますが、コンバージョンが出ないLPには共通して見直すべき点がいくつもあることがわかりました。
そこで私が、ランディングページを作る時にチェックすべきではないかと考える8項目をまとめてみました。

 

1.広告からのストーリーを考える

ランディングページの内容にとらわれてしまい、どんなユーザーがどんな感情でこのランディングページに到達するのかを忘れがちになっていました。誰が、どこで、なぜ、このランディングページにたどり着いたのか?何を知りたくてこのランディングページに来たのか?を一度立ち返って考えることが大切だと思います。
また、逆をいえば、広告でユーザーの感情を作ってしまうことも可能です。
ランディングページよりも先に、たくさんのユーザーの目に触れる部分だからこそ、なんとなくランディングページの要素を掻い摘んで載せる、というのはもったいないです。

 

 

2.ユーザーを引きつけるファーストビュー

せっかく作ったランディングページも見てもらわなければ意味がありません。その鍵はファーストビューが握っているのだとあらためて感じました。
ターゲットのニーズを突くキャッチコピーと整合性のあるメインビジュアルがユーザーの心を掴むのだと思います。

 

 

3.直感的に伝える

イラストやグラフを用いて、パッと見ただけで何を伝えたいかが分かるようにすることで、ユーザーは面倒だと感じることが減ると思います。

 

4.コンバージョンボタンは目につくところに

コンバージョンボタンは、ランディングページの中で最もコンバージョンを左右するといっても過言ではありません。
せっかく素敵な内容で、格好いいデザインにしてもコンバージョンボタンが周りの情報に埋もれてしまっては意味がありません。
位置もそうですし、色や上下の余白も押しやすさや目立たせるための工夫の1つだと思います。また、コンバージョンをするときにお客様が悩ませないようにすることも大切だと思います。
電話問い合わせであれば、24時間対応であるなど、コンバージョンの具体的な着地をユーザーがイメージができるように仕上げる必要があると思います。

 

5.メリハリをつける

 
メリハリがないと読み進めるのが苦痛になってしまい離脱してしまいます。
全部伝えたいんだけれども、全部目立たせることで全部目立たなくなるので、情報の優先順位をつけることが大切です。
フォントサイズや色、背景カラー、写真の大きさ、余白などを他のコンテンツと差をつけることでメリハリをつけることができます。

 

6.イメージできる素材

 
商品をそのまま映すのではなく、ユーザーが、その商品やサービスを実際に使っていることが想像できることが大切だと思います。例えばホテルであれば、ホテルの外観よりもホテルから見える景色の写真をつかう。
石鹸であれば、泡立っている様子の写真を使う、などです。

 

7.デザインと情報のバランス

 
デザインのディティールに拘ることは大切ですが、凝りすぎてしまっては伝えたい情報が伝わりにくくなってしまいます。デザインは問題解決の手段である、と学生時代先生に教わりました。大切なのは、ユーザーが必要としている情報を的確に伝えることなので、ここのバランスは注意しなければなりません。

 

8.選ばない理由を潰す

 
ファーストビューがお客様を惹きつけるためにあるのだとしたら、それより下の部分は、商品やサービスの魅力を伝え、「欲しい!」と思わせるためにあると思います。
ですが、お客様は高額な商品や自分に関係ない商品であればあるほど、読み進めながら「買わない理由」を探すと思うのです。
そのため、なぜこの商品がいいのか?値段は適正なのか?他の商品でなくこの商品を買う理由はなんなのか?なぜ今買わなければいけないのか?というような、選ばない理由を潰すことが大切です。

 

 
分かっているようでできていなかった8つの項目。
この内容を再度意識してお客様の
心を掴むランディングページを創っていきたいと思います。

Commentsこの記事についたコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

sixteen + 15 =