【自己紹介】あらゆる分野で特出した能力を持つ巨匠

はじめまして。FUBICの巨匠です。



自分で巨匠と名乗るのもお恥ずかしいものがありますが、この名前にはちゃんとした理由があります。
皆さんは「巨匠」と聞いて、どのような想像をされるでしょう。



アーティスト?デザイナー?芸術家?



いやいや、そんなもんじゃないんです。
あらゆる分野で特出した能力を持つからこそ名づけられたのが、






巨匠です。






わかりやすく言うとハイパーメディアクリエイターってやつです。






2012年からクリエイティブディビジョンの一員として入社したクリエイターです。
現在はわけあって(後述)エンジニアチームに所属し、
アプリ開発やらコーディングやらをメイン業務として行っております。



HTML/CSSコーディングスキルに関しては社内No1(自称)です。右に出る者はいません。
それもそのはず、この業界に入って10年の実績を誇り、趣味を入れれば15年以上の経歴があります。
そんじょそこらのヘナチョココーダーとはわけが違います。



え?デザイン??
馬鹿にしないでください。デザインセンスも圧倒的な才能を持ち合わせています。
私の才能を知ってもらうために作品のほ~んの一部を公開します。












02






「家を出た瞬間、試合は始まる」






これは社内サイト「tennis365」のアパレル系の新ブランド案件で提案したキャッチコピーです。
かの有名なコピーライター、糸井重里氏を彷彿させる秀逸な言い回し。












これを見た社内スタッフはなぜか険しい顔で苦笑い…
きっとハイレベルすぎて本質を掴めなかった可哀そうな人たちです。












私はトリミング力も自信があります。












03-1-1024x682












70年代のディスコフィーバーを匂わせるアフロスタイル。
テニス日本一を誇る、あの〇織でさえ驚愕させる自信があります。












そして…。
エイプリルフールと言ったら各社が一斉に配信するネタサイトが毎年の見物です。
私もそれに便乗して…












04












「クリックでテニスが上達」という、誰も考えつかないような面白企画を考案。
まんまと騙されたユーザーから「一本取られたっ!」という声が今にも聞こえてきそうです。






シニアマネージャーの善さんからは
「ワンクリック詐欺サイトのコピーよりヒドイね」とのお言葉。






ちょっと何言ってるかわからなかったですね…
きっと私の手柄になるのが悔しかったのでしょう。






時は経ち2016年、気づいたら今ではクリエイティブデザインチームに私の席はなく、
デザインとは掛け離れたエンジニアチームの隅っこで働いてます。












05












FUBICの組織体制は疑問しかありません。












コピーライティング力も必要なし…。












トリミング力も必要なし…。












企画力も必要なし…。












社長は「これからはデザインだ」と豪語していたけれど、
私の圧倒的なデザインセンスは不要という矛盾。
今後のFUBICが心配です。












新しく配属されたエンジニアチームのマネージャー山口さんからは、






「巨匠には任せられないから私やります」とのお言葉。






次の居場所はきっと地下でゴミ掃除のプロとして活躍しているかもしれません。












06












ここで紹介した私の作品は、ほんの一部に過ぎないので、このブログで才能を知らしめてやろうと思います。
ヘッドハンティングも随時受付中です。優秀な人材が欲しい経営者様必見‎です。