【採用×デザイン】なぜ採用にデザインが必要不可欠なのか

「人と人を繋ぐデザイナー」
これは、私の永遠のテーマでありビジョンでもあります。

 

人生において、「出会い」というモノは大きいなと最近感じています。
※決して今までダメンズばかりに出会ってきたからではありません(笑)
決してもうすぐクリスマスだからって寂しがっているわけではありません(笑)

 

とまあそんなことは置いといて、
とにかく私は、自分に関わる全ての人の
素敵な「出会い」のキューピッドになりたいのです!!

 

そんな中、最近人事部門のクリエイティブ全般を担当させていただけることになりました。
まさに、「出会い」を司る部署。
これは責任重大!!!
さあどうする愛!

 

とりあえず、人事について全く知識がない私は本屋に。

 

2

 

 

いるだけでデザイナー気分を味わえる代官山の蔦屋書店

 

ビジネスコーナーとかうろうろしたのですが、、、
やっぱりデザインコーナーにたどり着いてしまいますよね、、、。
あああああこの本も!あの本も!ほしいいいいいとなったのも束の間

 

ある一冊の本が目に飛び込んできました。

 

s__16138300

 

『採用ブランディング』(ビー・エヌ・エヌ新車)

もうまさに、私が求めていたものとぴったりではありませんか!!
ということで今回はこちらの本で得た情報をすこーしご紹介したいと思います。

 

 

01.そもそも「採用ブランディング」とは

近年、求人倍率は上昇を続け、まさに売り手市場の傾向が強くなっています。
また、就職活動期間の短期化や、学生と企業との接点の多様化などより、自社の強みを分かりやすく伝える事の重要性が高まってきています。
そんな中、いかに「この企業で働いてみたい」という自社のファンを増やすか。
ここのコミュニケーションの部分が大切になってきます。
つまり採用ブランディングとは、
「働く」という目線で「唯一無二の会社」の価値を高めるためのブランディングのことだと私は考えます。

 

3

会社のブランドやサービスのブランドの確立だけでなく
採用においてもブランディングが必要なんだとハッとしました。

 

02.採用の目的は?誰に何を伝えるか?

 

じゃあ、具体的に何したらいいの??
私はもう、血眼で読み進めました!(笑)

 

本書では、採用ブランディングの戦略を考えるにあたり、3つのことを定める必要があるとまとめられています。

①採用のそもそもそもそもの目的
②求める人物像
③メインメッセージ

 

そもそもなぜ、今、採用するのか?
今年度の採用活動を通して企業にどのような影響を与えたいのか?を考えるべきだと伝えています。

 

またそのために、どんな人物を求めていて、その人にどんなメッセージを伝えるべきなのか。
この3つが核だそうです。

 

 

ふむふむなるほど、、、。
サービスはお客様のニーズを考えてサービス内容やブランディングを考えますが
採用というところから考えると私たちは買い手。
そもそも私たちはどんな人を求めているのかを明確にする必要があるのだと思いました。

 

03.コミュニケーションのフェーズ別にチャネルを使い分ける

3つの核が定まったところで、次はこの核をアウトプットする方法を考えます。

どのチャネルにどのフェーズでどのメッセージを伝えるのか?が大切だそうです。

 

c0c1c3c12ae2c71cfda28472cafd467c_s
チャネルは、就職情報サイトや合同説明会、リーフレットやWEBサイトなどのこと。

フェーズは、興味喚起・動機形成・不安払拭。

そしてメッセージは、会社・仕事・環境の3つで分けて考えると考えやすくなります。

 

 

おおおおお!!!なんだか、2018新卒の目標が達成する気しかしないではありませんか!!!

早速今から採用ブランディング戦略を煮詰めたいと思います!!!

 

まとめ

会社とはその人の人生を大きく左右するといっても過言ではありません。
また会社としてもどのような人財を採用するかにより会社の未来を左右します。
双方にとってよい「出会い」とはなんなのか。
ここ数日考えていたことにヒントをいただいたような気がしました。

Commentsこの記事についたコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

15 − seven =