【コーダー終了のお知らせ】自動コーディング「Adobe museを使ってみた」

こんにちは。イナミです

先日、うちの会社にいる巨匠(天才コーダー)と語り合っていました。

 

「コーダーの将来について」

 

その中、彼からこんな一言が

 

7

 

巨匠「コーダーはあと数年で いなくなるよ。」

 

コーダーはあと数年で  いなくなる

 

コーダーでもある僕は、巨匠の記事を見た時「これならなくならないだろ」という気持ちでした。

 

しかし僕がコーディングだけ尊敬する巨匠の一言に大きく不安を覚えました。

 

なので、自動コーディングについて調べてみると

 

見つけてしまいました

 

1

 

まさかの made in Adobe.

 

Adobeさん、マジで勘弁してください。。

 

ということで、これは見て見ぬ振りできないということで

 

早速ダウンロードしてみました。

ムズじゃないよミューズだよ

 

Adobe CC ツール「muse」

名前からしてよくわからんので、とりあえず意味を調べてみました。

museの意味
《the Muses》《ギリシャ神話》ミューズ、ムーサ、智の女神 文芸、音楽、芸術、学問などをつかさどる女神たち。

 

なるほど、意味わからん。

 

でもなんとなく、すごいツールっぽさは伝わってきました。

 

とりあえずダンロードができたので、早速開いてみましょう。

 

3

 

なんだこの気持ち悪さは。。笑

 

イラレやフォトショップはバージョンアップするたびに変わる絵

 

毎回、僕はそれを楽しみにしています。

 

でもなんですか、この絵の気持ち悪さは..

 

まるで「コーダーの僕」を凝視しているように感じます。。

 

そして画面が開きました

 

4

 

これはよく見るやつ

 

ここは大して変わらないんですね。

 

ということで早速「新規ボタン」を押して

 

5

 

なるほど。

 

この段階でレスポンシブ(可変幅)するかどうかを決めるのですね。

 

最近のPCは画面サイズが大きいので2000pxで設定。

「OKボタン」クリック

 

8

 

なるほど!

 

この時点で構造レイアウト(ピラミッド構造)を決めるんですね!

 

今回は「ホーム」の配下に「アバウト」「コンセプト」「アクセス」を入れました。

 

9

 

あと いじってわかったのが、「アバウト」などの配下にいるやつをトップに入れることができるみたい。

 

なんて便利なんだ!

 

ということで、とりあえずホームをダブルクリック。

 

6

 

なるほど!!

 

さっぱり意味わからん。

 

テキストはわかるけど、ステートって何?

 

スクロール効果?

 

この時点でチンプンカンプンになりました。

 

恐るべしmuse。

 

ということで、チュートリアル(55分)に頼って

 

「90分でどこまで作れるか」

 

実践してみました。

 

サイトをメイクしてアップしてみた

 

早速ですが、作った作品がこちら

 

10

 

もうぐっちゃぐちゃ。

 

一見「いい感じじゃない?」と思いますが、

adobeが用意してくれたレイアウトキッドが頑張ってくれただけです。

 

それともう一つ

 

チュートリアルがルー大柴すぎるわ。笑

 

「スマートフォン用のブレークポイントを追加してページコンテンツを調整し最後にデザインをパブリッシュします。」ってなんだよ。

 

一個一個理解するのに時間がかかったわ。

 

もしルーさんじゃなかったらもう少しうまくレスポンシブができたかもしれません。

 

それではメリットデメリット含めて、まとめたいと思います。

 

まとめ

 

メリット
・コーディングの知識が全く入らない
・サイト構造が自由に移動可能
・businesscatalyst.comに試験サイトとしてアップ/共有できる(これすごい)
デメリット
・複雑なスクリプトには対応できない
・indesignの印刷用レイアウトに近い
・htmlをdreamviewerなどで弄れない(これいらない)

 

以上のようになります。

感想としては、muse半端ない。

 

今回は時間内で出来ませんでしたが、調べてみると

 

Photoshopと連動してページを作れるらしい。

 

あと試験的にアップしたページを閲覧者がいじれるらしい。

 

「これってこうした方がいいよね」

「こういう動きの方がUI高くない?」

 

みたいな会話が操作しながら生まれそうです。

 

とにかくmuse半端ないです。

 

以上

 

藪からスティックな情報でした。

Commentsこの記事についたコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

2 + 12 =