【衝撃】一泊20万の部屋に泊まってみた

本日は「一泊20万の部屋に泊まってみた」をレポートしたいと思います。

実は三ヶ月前に、昔からお世話になっているお医者さんから連絡がありまして、

 

お医者さん「もしもし優くんか?」

稲見「あ!先生お久しぶりです!どうかしましたか?」

お医者さん「久しぶりだね。そういえば優くん誕生日近いよね。」

稲見「そうなんです!2/12にお蔭様で27歳になります!」

お医者さん「もうそんな歳になるのか。2/11とか空いてないかな?」

稲見「2/11は空いてます!」

お医者さん「おぉそうか。そしたらパークハイアット予約しといたから彼女さんと行ってきてね」

稲見「パ、パークハイアットですか!?(なんだそれは…)ありがとうございます!」

お医者さん「うんそれじゃあ楽しんで。詳細はまた連絡するね」

稲見「かしこまりました!ありがとうございます!」

 

という流れで、パークハイアットに行くことになりました。

パークハイアット。。

なんだそのハイアットということで、調べてみると

 kjhgfd

(画像参照:http://berlinlin.hatenablog.com/)

東京ホテル|東京を代表する新宿のラグジュアリーホテル パークハイアット

 

 

なんだこれ。笑

 

あまりにもわからなすぎたので、とりあえず行ってきました。

初めてのハイアット

 

西新宿からシャトルバスで10分。

あっさりとホテルに到着。

入り口から入ると、まず最初に現れたこのモニュメント。

 

S__28811275

 

魚が泳いでる。。

ということは海かな。。

 

そんなことを思っていると、右下になんかありました。

 

S__28811276

 

ANTONY DONALDSON 1993

 

多分、芸術が好きな人にはわかるのかな。

僕には全然わかりませんでした。。恥

 

そしてエレベーターに乗り、49階のロビーへ。

 

パークハイアット_1986

 

なっが!!笑

 

どんだけ長いんだよ!笑

僕にはさっきのアントニーよりこっちの方が興味深いわ!

ウキウキしながらさらに一番奥へと進むとありました。

 

S__28811277

 

また君か。

 

ちょいちょい現れる芸術はなんなんでしょうか。。笑

でもこれがあると金持ちって感じがしますよね。

僕にはさっぱりわからない。。

そんなことを思いながら、フロントに到着。

 

稲見「あの、すみません。チェックインしたいのですが。。」

ホテルマン「かしこまりました。お名前を頂戴してもよろしいですか?」

稲見「稲見です。」

ホテルマン「稲見様ですね。少々お待ち下さい」

〜10分後〜

ホテルマン「お待たせいたしました。本日のお部屋はスイートルームで、こちらのプランになっておりますが、お間違えないでしょうか」

稲見「

 

 

間違いないです。

 

今考えると今年一番のドヤ顔をしたと思います。。

すごく恥ずかしい。。

 

そんなこんなでお部屋に到着

 

casg

 

いきます。

 

バーン。

 

dsafdgfhgh

 

広すぎー!!笑

 

どんだけ広いんだよ!

これが一泊20万か!

すごすぎる!

 

と驚きながら、玄関に目をやると

 

パークハイアット_5945

 

出ました芸術!笑

 

これは知ってる!

ゲルニカ!

教科書のやつ!

 

普通に声に出して言うと

 

彼女「じゃあこれは?」

 

パークハイアット_1895

 

なにこれ?

 

なんでこんなところに置いてるのかな。笑

お花とか置きがちだけど、レベルが上がると皿になるのかな?

しかも結構大きめ

お相撲さんが飲むやつじゃん。

 

彼女「次こっち」

 

パークハイアット_1382

 

なにがしたいんだよ。笑

 

なんで大きめのスペースに小さめの鳩を置いたのかな。。

というかまず鳩なのかな。笑

鴨っぽくも見えるし、なんなんだろう。。

 

やはり僕には芸術が理解できませんでした。

 

5万のディナー

 

場所は52階「ニューヨークグリル」

 

なんと先生は僕のためにディナーを予約してくれていました。

こちらです。

 

バーバン。

 

kuyjthgdfsax

 

やりすぎー!!笑

 

今日イチの興奮!!

なんなのここ!!

映画の世界やん!!

 

大興奮の中、ウェイターがやってきまして僕の初体験が訪れました。

 

ウェイター「お客様。本日は如何なさいますか?」

稲見「今日はこの5品のやつを二つで」

ウェイター「ファイブコースでよろしいですね」

稲見「(ファイブコース?)はい。」

ウェイター「メインディッシュの焼き加減は如何ないさいますか?」

 

きたこれ!!笑

言ってみたかったやつ!!

 

稲見「

 

 

ミディアムレアで。

 

本日二度目のドヤ顔が発射しました。笑

この癖直さないといけないといけないです。。

 

するとウェイターが続けて言いました。

 

ウェイター「かしこまりました。お飲み物は如何なさいますか?」

稲見「お水でお願いします。(メニューを開いて桁がおかしかったので、諦めました。。笑)」

ウェイター「お水ですね。

 

ガスは如何しますか?

 

ガス…?

ガスってなんだ…

僕は焦った顔を押さえながら答えました。

 

稲見「

 

ガスって何すか?

 

やられたー!!笑

絶対今ので貧乏人ってバレたよ!!笑

どうやら後で聞いたら、炭酸を入れるか入れないかの話らしいです。

そんなんわかるわけないやん。。笑

 

ということで、残念ながら写メは撮っていませんが(なんか高級な空間で写メする人っていないんですね)、美味しいディナーを頂くことができました!

 

ごちそうさまです!

 

まとめ

 

・高級ホテルはいたるところに芸術置きがち

・貧乏人相手でもホテルの人は優しがち

 

以上、本日のレポートでした!

皆様も機会があれば、ぜひ泊まってみてください!

ホテルの人は優しく、お客様も優しい表情で、あの「余裕のある空間」は足を踏み入れてこそ感じられると思いました。

次こそは色々調べて行こう。笑

それでは最後に「貧乏人。ビュッフェ盛りすぎがち」でお別れしましょう!

さよなら!

パークハイアット_6712

Commentsこの記事についたコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

14 − 1 =